(0422)インディゴ染め

ピュアインディゴ(pure indigo)

・linen40番 2/2 綾織(≒55本×55本/1in.)
化学的に精製された純度の高いインディゴです。ワッシャー加工仕上げのふっくらとした柔らかなインデイゴをお楽しみ頂けます。

平織に比べますと、経糸が表面に長く出ますので摩擦に弱いとされますが、風合いは柔らかく、伸縮性に優れ、シワがよりにくいなどの利点があります。ジーンズなどはその利点を活かして綾織りで織られていますね。鮮やかで綺麗な仕上がり、使い込むほどに味のある色落ちが魅力の合成インディゴ。

かつて染料としては天然インディゴが唯一の原料でしたが、1900年ごろに合成インディゴがとって代わり、今日では殆どが合成によって作られています。合成インディゴの発明は19世紀の色素化学で最も偉大な業績ともいわれ、ノーベル化学賞を受賞しているほど。

天然インディゴを採る際に 混ざってしまう不純物を除けば、合成インディゴと天然インディゴは全く同じ物質です。不純物がなく、ムラのない一定のものが生産できるということも、合成インディゴが主流とされている理由のひとつです。

インディゴは水に溶けないため利用するのが難かしく、布地を染色槽から引き上げると、すぐに空気で酸化されてしまうなど大変厄介でした。現代ではデニム生地などの染色に合成インディゴが日常的に用いられている一方、天然のインドアイやタデアイなどの葉による伝統的な染色法は労力が掛ることで廃れ、ほとんど行われなくなりました。

【ご用途】ジャケット、パンツ、スカート、作務衣、カーテン、のれん、タペストリー、テーブルクロス、ランチョンマット、バック、風呂敷き、手芸、小物雑貨など多様に。

<その他の注意>

◎濡れたままの放置はお避けください。
◎異なる色との同積はお避けください。
◎湿った状態で、白物や他の色とこすり合わせると色のうつるおそれがあります。
◎直射日光や蛍光灯に、長時間当てると変色することがあります。

※インディゴの特性である自然の色落ち、洗い縮みがありますので白物とは別に洗ってください。ご使用前には汚れてもよい容器用具で水通し、洗浄、アイロン処理などされることをおすすめします。

※インデイゴ商品は、洗いを進めて作り上げる商品です。上記インディゴ商品の基本的な特性をご理解頂けない方はご利用をご遠慮ください。

関連商品

return top