最も自然と向き合う“素”のリネン 0110W

すっぴんリネン「0110」の広幅タイプ
———————————–

0110キバタの後継生地、0110Wの販売開始です。

巾が145cmから167cmに拡がり、規格は「0110」と全く同じ仕様です。

★決算特別価格【原反】1反≒48M↓↓↓【53%OFF】
▼(0110W) 原反 (48M)★決算大特価

 

織り上げたままの“スッピンリネン”
本来、油絵のキャンバス地として織布されてきた、麻布館のオリジナルリネン。

画材屋さんへ行くと見られる、油彩用キャバス地。

多くは既に木枠が張られ、白く地塗りがされていますので
気付きにくいかもしれませんが、そっと裏を返してみてください。

お馴染みのリネンが張られていることが分かりますよ。

本来、リンネル(亜麻)でできたものが最高級品として、
油彩画家の間では大切に使われてきました。

描いた絵を削っては何度も描き直すなど、
長く長く繰り返しお使い頂きます。

リネン特有の丈夫さが、名画『モナリザ』を何百年も保存できたと言われています。

—————-
仏像の修復にも
—————-

幾度も文化財の修復にお納めしています。
美しい仏像の中も、下地としてリネンで保護されていると思いますと、感慨深いものです。

薄手の生地(ガーゼなど)は漆塗りの下地にも使われます。

亜麻の丈夫な繊維はとても貴重で、気付かぬところで
古代よりずっと使われていることが多いのです。

あのリネン、このリネンの“基”となるキバタ、この機会にぜひご利用ください。

藍染や草木染めを楽しんでくださるお客さまも!
小物作りからバック、エプロン、スカート、チュニックなどのご用向きにももちろん対応します。

(14目/1cm)39本×36本/1in.

寝具にお使いになるならば、
自然に柔らかな風合いになるまでしばらくの間、
柔軟剤などを使用することもおすすめです。

▼(0110W) 原反 (12M)
▼(0110W) 原反

◇原反

return top