■HOME

■ショッピングのページへ

0321 向日葵

0325 オレンジ

0333 スプリンググリーン

0342 紅紫

0343 ピンクベージュ

0370 チャコール

0381 フラックス

0383 スモーキーパープル

リネンならではの発色の良さ。
リネンならではの張りと光沢感。
お洋服にはもちろん、
リビング、寝室、キッチン、バス、トイレ、
毎日の暮らしに生きる、日常使いのリネンを、お色のパワーで楽しみましょう。

NEW!0370 リネン100%130cm巾 チャコール

基布は25番手の平織りリネン

紫みの暗い灰色、木炭のような濃い灰色
黒とも異なる和らぎのあるチャコールグレー。

華やかなお色とは対象的な落ち着いたグレー。
上品でお洒落な印象。
他の色とも合わせやすく、お洋服からバッグ、小物インテリアまで
利用範囲の幅広いお色です。

●服地、テーブルクロス、シーツ、コンフォーターケースなどのべッドリネン、
クッションカバー、カーテン、タペストリー、
ナプキン、タオルなどのハウスリネンとしても扱い易い生地。


※旧0370は高密度でしたが、こちらは以下の生地同様プレーンなタイプとなります。

■HOME

■ショッピングのページへ

NEW!0321 リネン100%130cm巾 向日葵

基布は25番手の平織りリネン

パワーが出る向日葵カラーを
基布は25番手の平織りリネン
心持ち赤味を帯びてエネルギーに満ち溢れたお色。

言わずと知れたイエローは、社交運や金運を呼び込む力がある色です。
明るいトーンのイエローは、金運アップ効果も期待しますよね。

服地としても室内のハウスリネンとしても魅力的で元気なカラー。

向日葵は花が太陽の動きにつれてまわることから
”日まわり”  というそうです。 花言葉は

「私の目は...あなただけを見つめてる」


白や生成りともよく合います。

■HOME

■ショッピングのページへ

0381 リネン100%130cm巾 フラックス

基布は25番手の平織りリネン

麻布館のシンボルマークでもある

亜麻(フラックス)の花色

基布は25番手の平織りリネン
亜麻の繊維となるのはフラックスの茎の部分。
繊維の色としては「亜麻色の髪の乙女」にも表現されるような金色ですが、
ほんのひと時、フラックス畑に咲きほこるフラックスの花の色は
透明感のあるやさしいパープルです。

3~4月頃に種子を蒔き、7~8月に収穫しますが、
その中でもほんの1週間ほどが満開の花の色を表現しました。

古くは船の帆布は亜麻からできていました。亜麻の糸を『ライン』(Line)といい、
この単語は細くて丈夫な亜麻糸からの連想で『線・筋』という英単語になったそうです。

通気性・吸湿性・速乾性に優れ、肌触りが最高に心地よい “亜麻”
服地としても、ゆっくりと寛ぎたいベッドルームやリビングにも取り入れたいお色。
貴方も、『素敵なリネンのある暮らし』を
フラックスカラーで存分にお楽しみくださいね。

●服地、テーブルクロス、シーツ、コンフォーターケースなどのべッドリネン、
クッションカバー、カーテン、タペストリー、
ナプキン、タオルなどのハウスリネンとしても扱い易い生地。

■HOME

■ショッピングのページへ

0383リネン100%130cm巾 スモーキーパープル

基布は25番手の平織りリネン

くすんだ柔らかなグレー調パープル

基布は25番手の平織りリネン
大人っぽく、落ち着いた色調のパープル。
白や生成り、ピンクやプルーなどともよく合い、シックな雰囲気を醸し出します。

0380パープルよりも更にくすんだお色。
春の訪れを感じるソフトな色目。

■HOME

■ショッピングのページへ

 0380 リネン100%130cm巾パープル
基布は25番手の平織りリネン

品の良い清楚で儚げなパープル

基布は2500S(2500W)と同じ25番手の平織りリネン。

身に着けてみたいお色としてパープルはとても人気。
高貴な雰囲気を醸し出します。

服地としても室内のハウスリネンとしても
落ち着いた雰囲気で使いこなせる魅力的なカラー。

まろやかでやんわりとした色目は
身につけるととても清楚で知的なイメージに。
ワンピースやジャケット、キャミソールやチュニックにも

VANILAさんでお仕立ていただきました。しっかりと、そして隅々まで丁寧なお仕事。パックリボンが落ち着いたパープルを愛らしく。

 0390 リネン100%130cm巾ネイビーブルー
基布は25番手の平織りリネン

海軍カラーともいえるネイビーブルー。

基布は2500S(2500W)と同じ25番手の平織りリネン。
すっきりとした青が気持ちもシャッキリさせてくれます。
派手すぎない、シックで心惹かれるお色に仕上がりました。

紺とも藍とも異なるハンサムカラーのブルーを
身の回りのインテリアにも取り入れて、ぜひお楽しみください。

■HOME

■ショッピングのページへ