■HOME

■ショッピングのページへ

旧在庫処分品“更にお値下げ”

【旧規格処分】★生産余剰大処分!

リネン40番手100%のインデイゴ染め。国内製品。旧規格生産余剰品につき大処分。現品限り!

【現品限り】★55%OFF!

NEW!(L40IND)インディゴ染め(10M)★スプリングセール大特価!

※【在庫余剰品】通常販売しておりません。無くなり次第終了します。

【現品限り】(L40IND)リネン100%インディゴ染め122cm巾

ピュアインディゴ(pure indigo)
化学的に精製され純度の高いインディゴです

・linen40番 平織(≒70本×60本/1in.)

従来製織のインデイゴ(0430)は25番手で織布しておりりますが、
こちらは40番手での高密度で織布しています。
糸番手が細く密度が混んでいますので、厚みとしてはそれほど変わりませんが、
高密度の分、透けにくいように思われます。
通好み、絶大な人気のインデイゴをぜひお楽しみください。

ジーンズの色といえば、誰もがわかるインディゴブルー
日本では藍(あい)と呼ばれるものです。
繊維に強く定着しないため、着古したり洗濯を繰り返すうちに
徐々に染料が落ちていくのも特徴ですね。

藍染めには、 防虫効果、消臭機能、皮膚アレルギーの抑制効果、
保温・放熱効果、紫外線を遮るUVカット効果
などがあります。

染料のインディゴ

かつて染料としては天然インディゴが唯一の原料でしたが、1900年ごろに合成インディゴがとって代わり、今日ではほぼ全てが合成によって作られています。合成インディゴの発明は19世紀の色素化学で最も偉大な業績ともいわれ、ノーベル化学賞を受賞しているほど。
インディゴは水に溶けないため利用するのが難かしく、布地を染色槽から引き上げると、すぐに空気で酸化されてしまうなど大変厄介です。現代では、インジゴ(染料の化学的な主成分)はデニム生地などの染色に日常的に用いられている一方天然のインドアイやタデアイなどの葉による伝統的な染色法は廃れ、ほとんど行われていないようです。

【ご用途】ジャケット、パンツ、ジャンパースカート、作務衣、ショール、スカーフ、カーテン、のれん、タペストリー、テーブルクロスにランチョンマット、バック、風呂敷き、手芸、小物雑貨などなど!

※インディゴの特性である自然の色落ち、洗い縮みがありますので白物とは別に洗ってください。
ご使用前には汚れてもよい容器用具で水通し、洗浄、アイロン処理などされることをおすすめします。

<その他の注意>

  ◎濡れたままの放置はお避けください。

  ◎異なる色との同積はお避けください。

  ◎湿った状態で、白物や他の色とこすり合わせると色のうつるおそれがあります。

  ◎直射日光や蛍光灯に、長時間当てると変色することがあります。

※インデイゴ商品は、洗いを進めて作り上げる商品です。上記インディゴ商品の特性をご理解頂けない方はご利用をご遠慮ください。

■HOME

■ショッピングのページへ