(HP30)ヘンプ生成り

日本古来から珍重された “ヘンプ”

縦、緯共にヘンプ100%で織布。滑らかで上品な光沢感を放つ生地です。(縦39本×緯30本/1in.)世界各地に分布するアサ科の一年草 ヘンプ。農薬を使わずにに栽培するオーガニックコットンと並び 自然派志向の定番となっています。日本では古くから、衣食住をはじめ、 医療、建築、神事などに幅広く使われてきました。(大嘗祭などで扱われる麁服(あらたえ)もこのヘンプが使用されます。)

「えっ!これが生成り?」と思われる方もいらっしゃいますが、これが生成りのヘンプのお色です。(※本来生成りとは、生地そのものが持つ天然の色) 白鼠色のごとく、鈍く銀色に輝いても見える美しい生地です。

吸湿性と耐水性に優れ、腐敗しにくく、晒すことも容易で、自然の光沢等もあり美しく染め上げることができます。糊抜き精錬、シルケット加工(染め下)済みですので、染色には最適の状態です。

上品な光沢感が見事なヘンプ。そのままでも、染色にも発色が良い生地。ブラウス、シャツ、ワンピース、スカート、シーツ、カバー地、カーテンなど多様にお使いいただけます。

生産が僅少で高価ですが、エコ素材としても大変注目を集めている天然繊維です。ぜひ高貴な気分もご堪能くださいませ。

ヘンプ(大麻)

熱をよく逃し、速乾性、清涼感に優れます。繊維の構造から静電気が起こりにくいとされ、 さらさらとした風合いと、独特の柔らかさが魅力です。

※法律で取り締まられる『大麻』とは花穂と葉のこと。織物に使われる種子と茎からできた製品は対象外であり、植物繊維(ヘンプ)として公的に扱われています。

ヘンプは通常『毛番』で表示されます。この商品の場合、毛番18/2(双糸) を使用。麻番30/2に換算します。

また、生地の中に時折り黒っぽい糸(異色)が織り込まれていることがありますが、綿から糸を作る工程で異原糸として混入するものであり、製造工程で避けられないことですので、予めご了承願います。

関連商品

return top