鹿の子

表目と裏目をタテ・ヨコ交互に組み合わせて編むことにより、表面に隆起や透かし目を作り、編み目柄をあらわします。その独特の表面組織から、肌への接面積が少なく、さらりとした風合と、優れた通気性を特徴です。

※商品画像、商品名をクリックすると詳細情報が表示されます。

return top