麻という言葉はよく耳にしますが、案外みなさんは麻についてご存知ないと思います。
そこで少し麻についてのお話をしましょう。
麻という言葉は日本だけのもので、ヨーロッパには『麻』という大雑把な表現はありません。日本でいう麻の種類は、約20種類近くになります。代表的なものとして

リネン(linen)、ラミー(ramie)、マニラ麻、サイザル麻、黄麻(jute)、大麻(hemp)などがあります。

日本での麻は一般にラミーが大昔から使用されてきました。ここでは、リネンを中心に説明しましょう。

リネンは、亜麻科の一年草で、原産地は小アジア地方といわれていますが、現在栽培されているのは、比較的寒い地方が多く、主にフランス北部、ベルギー、ロシア、東欧諸国及び中国東北地方です。

毎年同じ土地で連作すると収穫量が減り、品質も低下するので、6~7年の輪作をするため、収穫量が限られています。

4月頃に種子をまき、7~8月に抜きとって収穫します。茎はマッチの軸位の太さで、1メートルほどの高さに育ち、先端に白または青の花が咲き、やがてボール状の実をつけます。

茎の表皮と木質部の間に繊維の束が並んでいます。実からは、ペンキや印刷インクなどに使われる亜麻仁油(リンシードオイル)がとれます。

リネンはラミーに較べて繊維が細いためソフトな風合いが容易に得られるので、ドレープや、やわらかいシルエットが必要なものに適しています。また、糸にリネン特有の自然な太細むらがあり、これが製品に独特な外観と風合いを与えます。

リネンは吸水と発散性に優れているため、夏の衣料、ハンカチ、シーツ、テーブルクロス、クッション、ピロケース等に使われます。また、ソフトな肌ざわりと光沢はシルクに勝るとも劣りません。

一般的に洗濯が面倒ですぐしわになるといわれますが、リネンは簡単な洗濯で汚れが落ち、しぼらずに干しておけばパリッとアイロンをかけたようになります。

リネンはヨーロッパで栽培される植物で天然繊維のため環境に大変やさしいのです。

麻製品は高価ですが、長く長く、子、孫の代までお使い頂けるという観点から見て頂くと、大変お得でecoな素材であると言えます。

一度、リネンの優雅な風合いをぜひお楽しみください。
■HOME